ゆめちの国

ゆるちの(半分)匿名ブログ (つω`*)テヘ

  • テキサス大学オースティン校 
  • 計算生物科学 日本語 勉強中
  • MTF (´;ω;`) 手術仮釈放予定 2022/01
  • サイバーセキュリティバイト中
  • Golang 大好き

2 分で読めます

BL21(DE3) 形質転換効率

先週月曜日は先生注文したの誰よりも大切なコンピテントセルが到着した。祝日だから実験室は誰もいないですセルが大変な全部溶けました!

翌日になって、残りのせるが形質転換できるかとうかを測定するのために、形質転換効率を調べます。

[形質転換効率]とは

形質転換効率は、結果のコロニーと形質転換で混ぜたプラスミド量の比率です。単位はcfu/mcg(cfu/ngを使う方もある)です。

[形質転換効率]の測定

*今回のセル NEB製品 BL21(DE3)ケミカルコンピテントセル カタログ番号C2527 です。仕様で記載された形質転換効率は 1~5 * 10^7 cfu/mcg ( 10~50 cfu/pg ) です。

形質転換

セル量が足るを保証するのため、チューブのセル溶液を全体使います(大体 55 ul)。

生産者のおすすめの或いは自分好きな手順を実行します。特別の注意点は:

  1. 最後に、培養基にプレーティングの時に、20 ul でけ使います。私は希釈率を計算するを安くなるのために、20xの整数の希釈率を図って、コートショックのあとで全体的な容量か400 ul までSOCを混入しました ((20 ul * 20x) - (55 + 8) = 337 ul を使います)。 
  2. pUC19 プラスミドはアンピシリンの培養基を使います。
  3. 陰性対照を省略しないでください。省略すれば、大成功の結果を見れば心も凄く不安そうです。。。
  4. 正確な効率を欲しい或いはセールの効率を予算できないの場合は、プレーティングの前に培養液の希釈系列を作ります。

DNAの用量

pUC19 スタンダードプラスミド(50 pg/ul)を混入します。用量の計算について:

希望のコロニー数 (80) / 
    予想通りの形質転換効率 (4 cfu / pg 悲観主義者)*
    培養液希釈率 (20x)

計400 pg (8 ul pUC19スタンダード溶液)です。 

実験結果

翌日になって、コロニーを計数します。今回は150 cfuです。形質転換効率は:

150 cfu / 
  (400 pg / 20)     // プレーティングしたのDNA量

計 7.5 CFU/pg です。

pUC19 アンピシリン培養基 150 CFU 7500 CFU/ng

分析

今回のセルは、一度溶けたのせいで仕様書のより少し低下です。サブクローニングセルの用はOKと思います。

comments powered by Disqus

本サイトについて

読者コミュニティを対応のために、英語版との記事の内容は違いがあります。
コンテンツは自分の考えだけです。 
電子メールで質問は歓迎します。 

この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。