ゆめちの国

ゆるちの(半分)匿名ブログ (つω`*)テヘ

  • テキサス大学オースティン校 
  • 計算生物科学 日本語 勉強中
  • MTF (´;ω;`) 手術仮釈放予定 2022/01
  • サイバーセキュリティバイト中
  • Golang 大好き

5 分で読めます

先週土曜日、〇丸摘出手術を受けました! パチパチ

手術についた、ちょっと話をしたいと思います。

  • 場所:テキサス州オースティン[St. 〇〇]の手術センター
  • 麻酔:全身麻酔
  • 費用:保険適用で、医療費$1000ほど(でも私の今年の医療費が増えません。詳細は下記) 介護士の費用は$500ぐらい。

手術の理由

手術を受けるの理由は3つ:

  • 精巣上体炎 を患っている、抗生物質を投与されて二週間をまだ經たなくて再発しました。患部は問わずどうでもいいですし、地獄みたいな激痛が全然止まらない。 痛みのせいで、集中力はなくなった。アイスパックを使って、トラマドールを投与されて、どうしても仕方がない。もう限界を思って、そのものが今すぐに私の身体から離れたい
  • スピロノラクトンの副作用(利尿と疲れやすい)。
  • 大学の医療保険の費用最大限は五月にリセットです。来年の性別適合手術はもちろん最大限にいたれるので、この手術で私の今年の医療費が上がりません。来年のSRSを待つ時間はストレスを下げるのために早く手術を受けて方がいい思います。

手術の当日

手術当日の体験は、一言で言えば、身体の痛みは予想より軽いでも、メンタルのストレスはとてもしんどいでした。

はじめ

私の手術時間は、予約の時間より少し早めに、12時ほどでした。11時半未満、看護師さんが待合室に来て、私を準備室に連れました。

まずは書類をたくさん読まれる。。。読まれるていうは、看護師さんがペンを持って、一ページ10秒だけの早さを説明して、署名を求めます。。そういうペースのせいで、ストレスをたくさん高めた。。。書類の中に、摘出されたものを科学研究のために施すのチェックマークも 私を問わず勝手にマックされた

そして手術の制服に着替えて、二人の看護師さんに囲まれて、健康情報を確認して、心電図と静脈注射(20ゲージ、刺されて前にリドカインを注射される)を装着されました。ベースがハヤ!!ストレスがタカ!!

5分ぐらい経って、医師と麻酔師が準備室に着いた。最後の問題がないかどうかを確認して、鎮静剤を注射しました。この薬だけで意識を失われないと思うを言われてでも、 その後のごとはあまり思い出させませんでした。。。記憶喪失かもしれない。

こういうごとは事実かゆめかわからないでも、意識朦朧状態の間、看護師さんが尋問みたいで、「あなた 名前はなにさん 生年月日は何 今日のやるべきことは何 」を問われた。。。私はとてもゆっくりで答えた(麻酔の薬はやはり自白剤の作用があるでしょう)

意識回復

この手術は複雑な手術じゃないのおかげで、2時間未満を経って意識を戻れました。もだ意識朦朧状態でも、数分間に清明になりました。

その後15分ほどを経って、看護師さんがリハビリの指示がもう介護士さんに渡して、退院できるのことを言いしました。

多分麻酔の期間が短いのおかげで、当日の晩は副作用もうあまり感じられませんでした。痛みは全然強くない、精巣上体炎の痛みよりは、こちらが天国みたいです。トラマドールはもう必要がない。 感情はテストステロン工場を消えでの興奮だけです。

リハビリ

* 今は、完全な回復がまだしませんでした。このセクションは定期に更新している。

傷について

はじめての2日はまだ腫れているのせいで。患部のサイズは手術の前での同じぐらい。シャワーができない。アイスパックを使って、毎日はだいぶ布団の上で過ごす。

その後の一週間、短いシャワーが可能です。私は長いシャワーを浴びられるのために、シャワーを入る前に患部が絆創膏をつけて、シャワーの終わる一分前に取れて、少しだけ浴びます。患部のサイズも小さくになった。ゆっくり歩くと痛くない。でもテキサス州の気温で外に出れば、大汗で回復に不利するかもしれない。

8/9: 多分はもう治った!Steri-stripがやっと皮膚から落としています。外見も自然な皮膚のようになっています。

ホルモン

スピロノラクトンは、医者さんの意見は手術後すぐに止まる。私は血圧上昇の副作用をちょっと心配したので、量が半分に減って、四日後に止まりました。エストロゲンの投与量は変えませんでした。

性欲について

私は手術を受け前に、テストステロンの濃度はスピロノラクトンで 20ng/dl 未満になった上で、あまり変わらないと感じています。そうですから、そうなことをしているときに、自分を嫌いの感じが手術前より減りました。

トランスジェンダーにの差別について

先に精巣上体炎で行ったの[St. ××]病院は、テキサス州で有名ですし、トランスとして体験が悪たった:

  • フロントの職員さんの前で立っているの間、[sir]で呼ばれた、今年の初め
  • 医者さんは、私の状況とお願いを問わず、男性患者として処置しました

手術を望んで行ったの病院の患者さんは圧倒的なシスジェンダーです。だから多分好奇心のかけて少し怪しいことを問われた。でも自分がトランスとして職員さんと医者さんからの基本的な尊敬の念を感じできます。電子メールで[Mr. 〇〇]で呼ばれてでもこれは戸籍のせいで仕方ないと思う。Crane CTS などのトランスに対して病院より手術日は早いから、評価は大体良いです。手術を待たないの場合は悪い選択肢じゃないと思います。

介護士さんの会社は私の前にトランスの患者の経験がありませんでした。でも職員さんと介護士さんは始終普通な女の子として話しかけました。手術当日は、予定通りの時間をちゃんと守って、待合室で軽快でお喋りをしました(緊張感が緩んだ!)。時々監視が必要ですし、私のプライバシーも重んじでした。文句は一つもありません。

comments powered by Disqus

本サイトについて

読者コミュニティを対応のために、英語版との記事の内容は違いがあります。
コンテンツは自分の考えだけです。 
電子メールで質問は歓迎します。 

この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。