ゆめちの国

ゆるちの(半分)匿名ブログ (つω`*)テヘ

  • テキサス大学オースティン校 
  • 計算生物科学 日本語 勉強中
  • MTF (´;ω;`) 手術仮釈放予定 2022/01
  • サイバーセキュリティバイト中
  • Golang 大好き

4 分で読めます

先週に献血できました!自分の血で誰かに助ける上で、嬉しいです。

センター体験

オースティンで献血の米国赤十字社じゃなくで、[We Are Blood]というの 501(c)(3) 団体です。血液製剤はもオースティンの病院だけに供給しているそうです。

私行ったのセンターは[North Lamar]です。想定外の素晴らしい体験 を感じました。

健康チェック

ぜひ献血の前で様々のチェックを受けなければならないです。含める項目は:

  • 心拍数
  • 血圧
  • ヘモグロビン (指先に刺す)
  • 国外に旅行或いは処方なしで薬剤を注射などのことがあるかどうか
    • 三年間の海外旅行をしっかり尋ねて記録しました。
  • 血を受けるの方に副作用を生じられるの薬があるかどうか
    • 女性ホルモンを投与も献血できる 是非注射日にホルモンが高いので回避のほうがいいと思います。

健康状態を確認したと、献血室に連れられました。

本番

献血の体験はを一言で、「天国みたいな優しくされる」。

ベッドで横になって、500ミリリットルを丁寧に抜かれるを確認して(血量の13%ぐらい)、本番を始める。

針は16ゲージ(直径1.6mm 細い爪楊枝の先ぐらいの太さ)、でも痛みは普通採血と同じようと思います。私は一年以上自分で筋肉注射って経験がありますでもこんな太い針を自分の腕に刺すを見る勇気がないです。>_< 看護師さんがよくこんな太い針使い慣れて勇気多めに入れましょう。。。 針を入れたままの状態を見ました、怖い(下記の写真で針を見えません)

室内が冷たいので、私がいつもぞくぞくしています。床に置いたのはかりも血の流量が少ないにおけるうるさく警告音毎分に鳴りました。看護師さんが私の寒気を見かねて、湯を手袋に注ぐと私二の腕でに置けました(優しい!!(ノω・、) ウゥ・・・)。次回は必ずジャッケットを持ってのほうがいいと思います。

献血うちに、看護師さんが何回に丁寧に「いかがでしょうか」と尋ねられました。湯をいり手袋も二回換えました。

血を抜かれている

表示する

休憩室

20分ぐらい経って、献血が終わりました。休憩室に連れられて、無料スナックと飲み物をもらえました。

看護師さんも二度休憩室に来て、私の気持ちと寒気の寛解があるかどうかを丁寧にたずれました。

回復

休憩室で注射部位の包帯は、四時間をつけたままのことを言い渡しました。でも私の方が、五時間後に取れて、出血量が多くないでも血がすぐに滲み出います。 実際は、6+時間後に、やっと出血が完全に止まります。そして、初めて経験がありませんで、5分後に皮下に内出血で痛いでした。アイスパックを使って早く寛解したで幸いです。次回は包帯を取って前にアイスパックをつけてほうがいいと思います。

私は方が吐き気などの面倒な副作用が感じていません。でも皮膚が二日間に真っ白になりました。

感想

さて、自分の血を抜かれるのことが気持ちいいと思います!理由は:

  • 職員さんとボランティアさんたちは優しい。(* ^ω^)ゞテレテレ
  • MTFとして、毎日差別と戸籍での名前と呼ばれるに耐えるの高圧うちに肯定させる(このセンターは性別自由に申告できる、私の方がパスポートを見られば自分かMTFだとことを分けられる、不快な質問がありません。健康チェックの基準はも女性として算定しました。)
  • 自分の体がホルモンを作られないので定期注射させなければならない。一生に注射が必要で、悲しいでしょう。でも、献血で自分を作ったことで誰かの苦痛を減らせるのことを思って、生きているの意味がありを肯定するの理由が増えました。
  • 単純な感謝されてこの世界での存在感が増えました。

ここが男女の頻度制限が一応同じです。ヘモグロビンと他の健康基準を満たしれば56日おきに全血献血(500ミリリットル)できます。二ヶ月後にもう一度献血したいです!

comments powered by Disqus

本サイトについて

読者コミュニティを対応のために、英語版との記事の内容は違いがあります。
コンテンツは自分の考えだけです。 
電子メールで質問は歓迎します。 

この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。